エトコロ・ナリワイセミナー

しんしんと雪が降る中、今日は東近江市能登川町のエトコロにやってきました。


etokoro(エトコロ)の名前の由来は、
絵(芸術)を通して子どもを育むという意味合いの絵と子、
そして地域の人たちが協力し合いながら子どもを育むえーところ(良いところ)という思いをこめてあります。


以前ヨシダダイキチ氏のライブイベントを開催した際お世話になった『絽絽の家』は、
アート&クラフトの発信・作家による企画展・ そしてこの『子民家etokoro』の一部としての子育て情報発信基地でもあります。


 今日は『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』の著者伊藤洋志さんによる講演、
またワークショップでナリワイを ひとつ作ろうということで楽しみにしてきました!

 

エトコロ・ナリワイセミナー

「ナリワイで生きるということは、大掛かりな仕掛けをつかわずに、生活の中から仕事を生み出し、仕事の中から生活を充実させる。 そんな仕事をいくつもつくって組み合わせていく。いわば現代資本主義での平和なゲリラ作戦だ。」

これは著書ナリワイをつくるの中で伊藤さんがお話されていることです。

実際その苦労話(?)をお聞きしているとその飄々とした風貌と物腰の中に、
ナリワイを以って時にはエンターテイメントそのもののような、時には綿密な計画に裏づけされた生真面目な職人の技のような、 静かな人物像を伺うことができました。

エトコロ・ナリワイセミナー

講演の後はなにかナリワイを作ってみようということで、参加者の皆さんと一緒に机を囲んでキーワードをさがします。

「あまっているもの・いらないもの」「やってみたいこと」「できること」

机いっぱいに皆さんの頭の中からなにかしら出てくるものですね。
これをいろいろくっつけて・・・。


エトコロ・ナリワイセミナー

さらに、この中から実際に出来そうなことに絞ります。

その内のひとつをご紹介したいと思います。

『古い映画を上映する映画館』

持ち寄りパーティー、カレーパーティー、ギター弾き語りつき。

さて、いかがでしょうか?とても楽しそうなアイデアだと私は思うのですが・・・。古い映画っていうのがポイント。

いつか、こんな空間をつくってみたいですね。

セミナー終了後は伊藤さんを囲んで主催してくださった滋賀大の高田先生や参加者の方々と一緒に晩御飯をいただきました。

とても楽しい一日でした。ありがとうございました!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>